定温輸送の意義と輸送業者を選ぶ時のポイントとは

subpage1

日本において生み出される様々な製品は、その設計から製造過程においても、工場から流通過程を経て消費者の手元に届くまでの間にも、安全や安心に配慮した対応がなされていることの評価が高いといえます。

定温輸送が気になる方はこちらへご来訪下さい。

日本の消費者が求める安全性の意識は高く、国としても様々な管理基準を設けてその安全性を厳しくチェックしています。
商品の品質管理に欠かせない定温輸送とは、積み荷である商品の品質保持を行う目的のために、その商品の品質保持に必要な適当な温度を維持したままで、その商品を必要な場所に輸送できるように特別に装備された輸送機関によって行われる輸送を示します。それぞれの輸送業者によってその環境や設備に違いはありますが、冷凍・冷蔵・中温・常温などの温度帯の中で輸送できる体制が整備されていることがほとんどです。


一般的にイメージしやすいのが食品における低温の輸送ですが、冬期や寒冷地などにおいては積荷の凍結を防ぐために外気よりも高温に設定して輸送する場合もあるのです。

いずれにしてもそれぞれの商品に必要な温度を一定に保つことで品質の管理ができるのです。

定温輸送は、冬期の凍結予防や食品の鮮度維持の目的だけではありません。
日本の人々の大切な命を支えている薬や検体、精密機器などの医薬品の輸送にも厳格な温度管理や慎重な取り扱いが求められているのです。

goo ニュースについて解説いたします。

大切な荷物を定温輸送で預ける場合にはどのような輸送業者を選ぶべきでしょうか。



信頼して任せているとはいえ、輸送時の管理環境が不安になる人は少なくありません。

大切なことは、輸送業者が管理体制の可視化を行っていることです。

追跡システムを活用して位置や温度管理の確認がリアルタイムでできたり、管理状況をきちんとデータ化して残している業者もあります。

また、医薬品などに特に求められるセキュリティー対策がきちんと整えられている業者を選ぶことも大切です。