定温輸送のメリットと運送会社を選ぶポイント

subpage1

近年は物流技術の進化と共にさまざまな物が全国各地に迅速に輸送される様になっていますが、中でも食品に於ける運送技術の進歩は非常に目覚ましく、遠方から生鮮食料品が鮮度を保ったまま輸送されることが当たり前になっています。
そのため多くの企業がこの輸送技術を前提にビジネスモデルを構築しており、生鮮食料品チェーンの全国展開等が進むようになりました。


このビジネスモデルを支える輸送技術が定温輸送の技術であり、多くの生鮮食料品チェーンのビジネスに於いて生命線とも言える存在となっています。

定温輸送に関する情報をご覧ください。

定温輸送は荷物を一定の温度を維持したまま輸送する技術で主として冷凍や冷蔵といった周囲の気温より低い状態を維持したまま輸送することが多い物ですが、まれに寒冷地等で周囲が氷点下の環境になっている場合などは荷物を凍らせないように高い温度で輸送することも有り、その温度管理の技術は非常に高い物が求められます。

最近では多くの食品企業が人件費の安い海外で製造した食品を日本に輸入するケースも増えています。

YOMIURI ONLINEに関するアドバイスです。

その為、定温輸送は同一の運送手段に留まらず、複数の輸送手段を経由してもその温度が維持されるような技術も進んでいます。
但しその技術は運送会社によりまちまちで、独自のノウハウを所有していることが多いのが特徴です。



そのため、定温輸送を利用する場合には輸送手段による温度変化や温度の補償範囲などを十分に確認し、その用途に合った輸送手段を行う事の出来る運送会社を選ぶことが大切です。