凍らせて冷やすだけじゃない保冷剤

subpage1

保冷剤は要冷蔵の食品などを購入すると無料でつけてくれるお店が多く、たくさんたまってしまうこともあります。

保冷剤について興味がある方にオススメのサイトです。

多くなると冷凍庫の中がいっぱいになってしまうため捨てている人も多いでしょう。
しかし、保冷剤は凍らせて何かを冷やす以外にも活用できます。保冷剤の中身は、高吸水性ポリマーというものでオムツや消臭剤に使われている成分です。


水をたくさん吸収する性質の為、氷のように凍らせることができます。

また、溶けても凍らせるとまた使うことができます。
そのため、夏場にはお弁当などを持ち歩くときなどにも使えますので便利です。

ロケットニュース24のお得情報を公開します。

また、高吸水性ポリマーは消臭効果もあります。
保冷剤の中身を取り出し、容器に入れて設置しておくと周囲の臭いを吸収してくれる効果が期待できます。

見た目も涼しげできれいなのでインテリアにもぴったりです。
容器に入れるだけで見た目にも良いですが、絵の具で着色したりかわいい雑貨などと組み合わせたりなど、オリジナルの消臭剤を作ることができます。

また、好みのアロマなどを入れて香りのする消臭剤にすることもできます。
ただし、小さな子供やペットのいる家庭では誤って口に入れてしまわないように注意が必要です。手の届かないところに置くようにしましょう。



冷やすだけでなく温めて使うこともできます。

熱湯を沸かして耐熱の容器に入れます。

そこに保冷剤を入れて3分程度置いて取り出し、水気をしっかりとふき取ります。

しばらくの間暖かい状態を保つことができます。

疲れ目などの際は目の上にのせ、温めることで血行の改善に期待できます。

社会の事柄

subpage2

定温輸送とは、温度を適当な温度に維持して行う輸送方法のことをいいます。一般的によく知られているのは、冷蔵輸送や冷凍輸送でしょう。...

more

大人の常識

subpage3

日本において生み出される様々な製品は、その設計から製造過程においても、工場から流通過程を経て消費者の手元に届くまでの間にも、安全や安心に配慮した対応がなされていることの評価が高いといえます。日本の消費者が求める安全性の意識は高く、国としても様々な管理基準を設けてその安全性を厳しくチェックしています。...

more

社会のコツ

subpage4

近年は物流技術の進化と共にさまざまな物が全国各地に迅速に輸送される様になっていますが、中でも食品に於ける運送技術の進歩は非常に目覚ましく、遠方から生鮮食料品が鮮度を保ったまま輸送されることが当たり前になっています。そのため多くの企業がこの輸送技術を前提にビジネスモデルを構築しており、生鮮食料品チェーンの全国展開等が進むようになりました。...

more

1から学ぶ社会

subpage5

日本は数多くの精密機械の製造をはじめさまざまな産業における技術開発力などは、世界を牽引する高い水準であると言っても過言ではありません。機械産業の発達だけでなく日本では各地方の名産品や生鮮食品などを、鮮度を保ったまま全国各地に輸送されるシステムも確立されています。...

more